30代の乾燥脂性ニキビ毛穴女がツルすべお肌になる方法

この記事を書いた人

ペンネーム なっしー
プロフィール 30代で子供2人、パートをしながら毎日をバタバタとがんばる主婦です。
もともと10代の頃からニキビもできやすく脂性なのに乾燥肌で、さまざまな薬や化粧品などを試してきました。
使い心地の良い基礎化粧品を見つけていたものの結婚して子供ができてからは生活に追われてしまい、高い化粧品は二の次に…。
ある日鏡を見た自分に大ショックを受け、本当にお肌がきれいになる方法を本気で探し、ついに見つけました!

究極の美容方法とは?

30代後半になると突然お肌の限界が来たかのように、シミやシワが目立ってきます。

ほうれい線がくっきり出てきておばあちゃんのようになってしまったり、顔中の毛穴がポツポツ開ききって老け顔になってしまったり…。
実際にそんな思いをして、本気で本当に美しくなる方法を捜し求めました。

しかし、巷にあるのは数万円もする化粧品、何十万もする美容エステ。
パート共働き子持ちの一般主婦には、そんな方法は使えません。

ところがある日偶然、「お肌に何もしないできれいになる」という信じられないような『肌断食』という方法に巡り会えたのです。
肌断食の基本は「つけない・こすらない・洗い過ぎない」こと。

お肌を洗う為の洗顔フォームから、洗顔後の化粧水・乳液・オイルなどなども一切必要なし。
「お金がかからないのに、きれいになってしまう」方法なのです。

肌断食とは?

肌断食は、いままで肌に良いと思って続けてきた結果ダメージを受けてしまったお肌に肌本来が持っている再生能力を取り戻す方法です。

お肌をリセットさせようと思ってゴシゴシ洗うことも、潤いを与えて若々しいお肌になろうとパシャパシャ塗っていた化粧水などもすべてお肌のダメージとなってシミ・シワ・ニキビなどの原因になってしまいます。

私も肌断食をする前は、日焼けを絶対にしないように「お肌に良い」タイプの日焼け止めを1時間おきに必ず塗りなおしていました。
そうすることでシミやシワを防いで、お肌もきれいになるはずだったのです。

ところが、結果は違っていました。
日に焼けない代わりに肌に負担がかかり、ほほに赤味がでてヒリヒリしてしまうばかりか毛穴も大きく開いた状態になり、どんなにお肌に良い化粧水をたっぷり塗ってもお肌が改善しない状態になってしまいました。

どんなにお肌に良いと言われているものでも、お肌には負担になってしまうのです。
肌断食の方法は本当にいたってシンプル。

• 洗顔は35~36℃のぬるま湯のみ。
• 肌の乾燥やかゆみが気になるときは「白色ワセリン」を薄く塗る。

それだけです。

この方法で、いままでまったく改善されなかったお肌がきれいになったと言う口コミはたくさんあります。

○いままで治らなかった大人ニキビが出なくなった。
○肌状態がだんぜんきれいになった。
○塗れば塗るほど悪くなるお肌がもう荒れることがなくなった。
○てかてかの脂性だったのに、テカる事がなくなった。
○一生いちご鼻とあきらめていたのに、鼻が普通の肌になった。

それだけ、この方法は簡単に誰でも気軽にできるスキンケアなのです。

肌断食の注意点

肌断食にはいくつかの注意点があります。

注意点をしっかり守らなければ肌断食自体の意味がなくなり、本来の効果が得られません。
肌断食をスタートする前に、しっかり確認しておきましょう。

①化粧品は石けんで落ちるものを使用する

肌断食は化粧水や乳液など基礎化粧品が一切不用の美容法ですが、化粧までしてはいけない!ということはありません。

ただ注意しなければならないのは、「石けんでも落ちる化粧品」であるということです。
特別な化粧落としが必要になるような化粧品はお肌自体に必要以上の負担を負担をかけてしまいます。

また、そんな化粧落としを使用することでお肌に必要な脂やうるおいも奪ってしまい、肌の自己再生力を失わせてしまうのです。

②石けんは純石けんのみを使用する

石けんには、香料や着色料、酸化防止剤のパラベンなどが含まれているものがあります。

添加物にはお肌に悪い影響があるものもあるので、「純石けん」や「無添加石けん」などと表記されている物を使用してお肌への負担を極力なくすようにしなければなりません。

使用する際もできるだけたくさん泡立て、泡で顔を洗うようにすることがお肌への負担をなくす最善の方法です。

③洗顔は35~36℃のぬるま水で洗う

洗顔をする際に熱いお湯で洗うと必要以上の脂が落ちてしまい、お肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

冷たすぎるお水でも、お肌の汚れはしっかり落ちません。
手でさわって、さわった感じがしないぐらいの体温と同じ温度の水がお肌の汚れをしっかり溶かし落とす温度なのです。

④白色ワセリンは極薄で大丈夫

お肌のうるおいを閉じ込めるのに唯一使用していいものとして、白色ワセリンがあります。

これは薬局ですぐに手に入るし、特別高価なものでもありません。

白色ワセリンはハンドクリームなどに使用されるワセリンよりもさらに純度が高い物で、皮膚に染み込みにくいので皮膚の水分蒸発を防いで、肌本来の回復力をしっかりと発揮させるのにも必要なものなのです。

ただし、塗りすぎは禁物です。
爪楊枝や綿棒などで白色ワセリンを米粒程度すくって手の平でこすりあわせ、温め広げます。
その手についたワセリンを手でパタパタとつける程度で十分なのです。

肌断食には覚悟が必要!

とてもお肌にいいことだらけの肌断食ですが、いざ始めるとなるとじつは覚悟が必要です。

それは、はじめて数ヶ月はいままでのスキンケアでたまりにたまったお肌の「悪」がでてきてしまうからです。

どんな症状が出るかは人それぞれです。
いままであまり特別なスキンケアをしていなかったような人は、お肌がかゆくなる程度という方もいます。

そんな時は白色ワセリンを薄く塗り、お肌を掻いてしまわないようにしなければなりません。
また、小鼻からにょろにょろと白いものが浮き出てきたという方や、お肌が赤くなった、などなどとにかくお肌がかえって悪くなったんじゃないか?というような症状がでてしまいます。

これは、本当にいままでお肌に課してきた悪いモノが一気にでてきたと考えなければなりません。
その時期を乗り越える事で、いままでにない健やかなお肌を取り戻す事ができます。

私自信、あれだけ開いていた毛穴がまったく目立たなくなり、脂性乾燥肌ニキビともほとんど無縁になりました。

ぜひ一度肌断食を試してみて、本来の美しさを取り戻してください